個人再生費用が安い弁護士・法律事務所選びの注意点

個人再生費用がなるべく安い弁護士・法律事務所を選びたいという方は多いのではないでしょうか。そこで、個人再生費用が安い弁護士・法律事務所を選ぶ際の注意点について挙げていきましょう。

まず一つ目は「分割払いが可能かどうか」です。個人再生費用の相場は約40〜60万円となっているため、そこまで安いものではありません。

そのため分割払いが出来ないとなると、支払いに苦労してしまうことになります。分割払いが可能かどうかを確認しましょう。

二つ目は「実績が豊富かどうか」です。弁護士・法律事務所に依頼する目的は、借金問題の解決が第一となります。そのため、実績が豊富であるかないかはとても重要なポイントとなります。個人再生費用の安さだけではなく、実績の有無を調べてから依頼するようにしましょう。

以上、二つの注意点を挙げていきました。この二つをしっかり確認して弁護士・法律事務所を選ぶようにしてください。そうすることで、弁護士・法律事務所選びの失敗を防げます。

個人再生の費用ランキング

個人再生費用の相場

これから個人再生をしたいと考えている方は、弁護士や法律事務所に依頼する際の個人再生費用について不安をお持ちではないでしょうか。実際に個人再生費用の相場を知らないと、もしかしたら損をする可能性もあります。そこで、個人再生費用の相場について挙げていきましょう。

まず、住宅ローンの特則なしの場合、個人再生費用の相場は約40〜50万円となります。次に住宅ローンの特則ありの場合、個人再生費用の相場は約50〜60万円ほどとなっています。住宅ローンの特則ありの場合だと平均10万円ほど高くなる傾向にあります。

個人再生費用についてはどの弁護士・法律事務所であってもそこまで大きな差はありません。少しでも費用を抑えたい場合なら、司法書士もオススメです。

しかし、あくまで司法書士は書類作成代行業務のみしか行えないため、そのことをあらかじめ把握しておくようにしましょう。個人再生についてお悩みの方は、是非参考にしてみてください。

個人再生費用を抑えるなら司法書士か弁護士か?

個人再生をする際、司法書士を選ぶか弁護士を選ぶか悩んでいる方も多いことでしょう。個人再生を依頼する費用を抑えたいという方には、司法書士が選ばれる傾向にあります。

司法書士は約20〜30万円ほどが相場で、かかる費用は弁護士よりも安くなっています。しかし、その反面、司法書士は書類作成代行業務のみとなっているため法定代理人として依頼することは出来ません。

続いて、弁護士の相場は約40〜60万円となっていて、司法書士よりも少し高めの費用がかかってしまいます。

しかし、一方で書類〜法定代理人まで全てを任せられるので依頼者としてはとても頼りになる味方となります。

一見、司法書士の方が費用が安いため惹かれてしまいますが、個人再生について全て任せたい場合には弁護士の方がトータル的に安く費用を抑えることが可能です。
個人再生にかかる費用だけで選ぶのではなく、司法書士・弁護士の特徴を把握し、自分に合った方を選ぶようにしてください。